女体化総合応援サイト

女性で生活するために必要な考え方

 

女体化(トランス)を頑張っているMTFの中には、
田舎出身で、親の同意もない(むしろ反対されてる)、友達もいなくて
引きこもりで、本音を語れる友人もいなくて孤独。

 

お金もないし、女性の服装をしようと思っても、
恥ずかしくて家の中でさえ女装できない・・・・

 

という、めちゃくちゃ逆境に立たされている人でも、2年ほどで
女性としての生活をスタートできるMTFもいれば、

 

親は反対するどころか女体化を応援してくれている。

 

悩みを打ち明ける友達やMTFの仲間がいる。

 

女性ホルモンは10代からやっている・・・・・のに、
未だに男性として社会生活を送っている人だっています。

 

それや見た目が男っぽいからじゃないの?ってあなたは思うかもしれませんが、
見ためは関係ないです。 女性っぽい容姿のMTFでも、男性として生活してる人は大勢います。

 

有利な環境にいても男性として生きる人、
逆境にいてもさっさと女性として女体化を完了する人。

 

両者の違いは、やはり女体化に対する考え方や、取り組む姿勢にあるのだと思います。

 

 

 

女性で生きるための考え方(1) 時間

 

人生は刻一刻と流れています。 そして、男として生まれた以上、
カラダは何もしなければ刻一刻と男性化して行ってます。

 

つまり、歳を取ればとるほどオッサン化するということです。

 

 

男性は女性と違って、思春期を過ぎると30歳くらいまで、
顔がより男性的に変化していきます。

 

そして、30代を超えると60歳くらいまでオッサン化していきます。

 

MTFが女性ホルモンを投与するのは、この「男性化」を食い止めるためであり、
女性らしくなる・・・というよりは、「もうコレ以上、男らしくさせないため」
という要素がかなり大きいですね。

 

そのため、女性ホルモンだけに依存せず、服装も女性的に変えたり、
メイクを覚えたり、話し方、声、仕草なども女性的に変えていく必要があります。

 

 

この時にすごく重要なこと
「女性としての人生が刻一刻と奪われ続けている」
という事実に気づいて頂きたいのです。

 

 

 

例えば、人生が65年だったとします。

 

 

20年間を男性として生活すれば、女性として生活できるのは、
のこり45年しか残ってません。

 

逆に、45年間を男性として過ごせば、女性として生活できるのは
のこり20年ということになります。 しかもその20年は46歳から65歳までなので、
年齢的には「熟女」といったところでしょう。

 

最近は熟女ブームもあるので、希望を捨てては行けませんが、
できることなら、20代のうちに「青春」が残っているウチに女性としての生活を
スタートさせたいってのが本音ではないでしょうか?

 

 

このままではヤバイ!!もう人生残り少ない!!

 

って思えるか? 気が付かないかで、あなたの女体化は大きく変わるでしょう。

 

女性の青春が14歳〜20歳だったとしたら、
17歳で女性ホルモン初めてもあと3年しかありません! 急がなきゃ!

 

 

 

女性で生きるための考え方(2) 投資

 

投資ってのは単純にお金を使うことじゃないです。

 

「自分の女体化を加速させるモノにどれだけ手間とヒマと労力を掛けられるのか?」
ってことですね。

 

結果的にお金がかかることではありますが、ただお金を使うのではなく、
「これは私の女体化を加速させるものだ!!」っていうモノにお金を使ったり
手間と労力を掛けることが重要です。

 

「私の移動速度を加速させるものだ!!」と言って、自動車買ってても意味はないです(汗)

 

女体化を加速させるモノですね。

 

例えば、豊胸手術やSRS手術といった手術もそうですし、
手術以外でも、MTF同士の交流会に参加したり、人に会いにいくために、
交通費掛けることもそうですね。

 

「え〜手術代貯めなきゃいけないのに・・・」といって、節約したい気持ちすごくわかります。

 

ですが、知識のためにお金を使う(投資する)のも、その後の手術を失敗しないため、
本当に必要なものであるか検討するために重要です。

 

また、会社にどうカミングアウトしたか、家族とはどうか?
普段からどういうことを意識しているか?

 

といった、当事者に直接聞かないとわからないこともたっくさんあるので、
人に直接会って話を聞くのはとてもオススメです。

 

スポーツでも仕事でも同じこと言えますが、
「上級者に直接指導してもらえ!」ってことですね

 

投資することは時間短縮にもつながるので、
より早く女性として生活して行きたいのなら絶対必要な考え方です。

 

 

 

女性で生きるための考え方(3) 依存しない

 

ホルモン依存、「これだけやってればいいや」依存のことです。

 

これは恥ずかしながら私もありました。

 

「女性ホルモンだけやってれば、
 見ためも女性的になって周囲からは女性扱いされる!胸もDカップだ!」

 

・・・本気でそう思い込んでいました。 でも現実は違う

 

男として生まれた以上、女性ホルモン投与しても、
カラダの変化には限界がありますし、おっぱいはBカップにもなりませんでした・・・(涙)

 

また、女性ホルモンで見た目が女性的に変化して
顔つきが女性っぽくなったとしても、男性として生活していれば男性として当然のごとく扱われるのです。

 

会社に男性として勤務すれば、女っぽくても声が高くても男性扱いなのです。

 

プライベートも、「女性の服着るのはまだ早いかな?」と思って、
ユニセックスな服装や、メンズの服装に甘んじていてはダメなのです。 パスできません。

 

 

「まだ胸が成長してないから・・・まだ顔が男なので・・・」

 

女性らしくなってからという気持ちはわかりますが、
生まれながらの女性も、胸が成長するまえから、1歳の頃から女性の服着ているではありませんか。

 

12〜13歳まで男性の服着てて、二次性徴あったから女性の服着だしたワケじゃないです。

 

胸が成長してない女性も中学生になったらブラジャー付けてたではないですか・・・。

 

つまり、そういうことですよ。

 

ホルモンだけに依存せず、自分が行動を変えていかなければ、
女性として生活することは無理なのです。

 

 

女性で生きるための考え方(3) 社会的に女性で生活

 

これも多くのMTFが勘違いしがちなんですが、女性で生活するってことは、
”社会的に女性として生活する必要があります。”

 

いいですか? 「社会的に女性として生活」ですよ。

 

 

なに当たり前のこと言ってるんだ!

 

いや、違うんです。よく聞いて頂きたい。

 

では、「社会的に女性として生活してる」ってどんな状態でしょうか?

 

胸が大きくなって、声が女性的に高くて・・・顔が女っぽくてメイクしてて・・・

 

 

違いますよ

 

私は女性なんです!って生活してる状態のことです

 

 

カラダを女性的に変化させることは重要ですが、そればかりじゃダメです。

 

世の中には、胸があって、SRSして股間が女性器になってるのに、
まだ男性として生活してるMTFさんだっているのです

 

 

「え、意味不明」って思うかもですが、よくよく考えてください。

 

トランス初期のFTM(♀→♂)さんは、まだ声変わりしてなくて、
ヒゲも生えてなくて、胸もあって、股間はもちろん女性器です。

 

でも、男性の服を着て、男性的に振る舞っているので、
男性としてパスできちゃったりします。

 

 

胸があって・・・股間が女性器で・・・・ 
そうですね。 いくらSRSしていたとしても、カラダが女性だったとしても、
男性の服装をして、男性として生活していれば、それは男性扱いされて当然なのです。

 

「社会的に女性として生活」するためには、カラダを変えることともう一つ
「私は女性です!」ってオーラを放ちながら生きていく必要があるのです。

 

 

具体的に言うと

  • トイレは女子トイレ使う、順番待ちでも堂々としてる
  • 「男性ですか?女性ですか?」って聞かれたら堂々と「女性です」って言う
  • レディースデー割引は当然のように使う
  • 普段から女性の服装を着る
  • 履歴書の性別欄には「女」にマル付けて、特記事項に「MTF」って書いておく

・・・履歴書はまぁ、そうする必要はないんですけど、ようするに
「女として堂々と生活する、間違っている相手は指摘する」っていうことです。

 

あなたは女性ですか、男性ですか?って聞かれた時に、
「まだ戸籍は男性なんです・・・」とか言ってちゃダメで、
どうどうと「女性ですよ」って言うのが堂々とするということです。

 

(もちろん戸籍変更前なので、それなりに申告は必要ですけどね)

 

 

 

 

女性で生きるための考え方(4) 仲間を増やす

 

女体化は一人でやる必要はありません。

 

いやっ・・・もちろん個人の問題ではありますが、
全部一人で抱え込む必要はないって意味です。

 

同じくMTFの仲間や、トランスセクシャル仲間や知人を作っていって、
お互いに情報を共有しあうことが重要ってことですね。

 

例えば、豊胸手術にしても、シリコンを入れる方法はどういうメリットがあり
どういうデメリットがあるのか?

 

脂肪注入での豊胸手術とどう違うのか? 自分にとっては何がオススメなのか?
って話も一人で解決しようとしないで、実際に手術をやった体験者の声を聞いたほうが早いです。

 

今はFacebookなどの交流場所があるので、MTFの仲間を作るのもそう難しくはないです

 

 

 

女性で生きるための考え方(5) 今を楽しむ姿勢

 

そして、ここ一番重要なんですが、とにかく今の現状を楽しむ姿勢を忘れないように。

 

「私はまだ男っぽですから・・・・まだ男性として生活してますから・・・・」
と、謙遜する方が多いです。(日本人だからでしょうけど)

 

ここで思い出して欲しいのは、数カ月前、数年前の自分はどうだったのか?
って部分。 おそらく今より男らしかったり、行動できてなかったはず。

 

その頃の自分と比べれば今の自分はかなり成長できてるハズですよね?

 

そこに何かしら「やったー!」という嬉しさや喜びがあるはず。

 

そのとき「楽しい」って感じますよね。 
その楽しさってのを忘れないで欲しいんですよね。

 

 

人間は「やらなきゃいけないこと」とか「イヤイヤやってること」っていうのは、
あんまり長続きしないし、楽しくない。

 

楽しくないことは、やっててツライし、キツイので挫折しがち。
いや、挫折するから楽しくやっていきましょう。 楽しくないとダメ

 

ここを楽しめる人は成長が早いですし、
普通はツライと思うようなことでも、楽しみながら取り組めます。

 

 

 

結論として、自分に金かけていく必要がある
お金は使うし、苦労も多いけど、その経験を楽しもうぜ!!

 

ってことですね

 

 

 

 

次の記事→「【8】MTFトランス入門」

 


ホーム 初心者コーナー プロフィール おすすめグッズ 男が女で生きるまで サイトマップ お問い合わせ