女体化総合応援サイト

女体化初心者さん向けコーナー

※2人ともMTFですよ〜

 

どうも、こんにちはスザンヌみさきと申します!
名前の由来は源氏名が「美紗妃」だったのが理由です。

 

 

あなたがこのページを見ているということは、
あなたはこれから女性として生活していこう、人生を変えようと思って、
決意したばかりなのでしょう。

 

 

今はまだ男性として生活していて、仕事でもプライベートでも
周囲からは男扱いされているかもしれません。

 

また、自分自身でも鏡に写った自分の姿をとても「女性」とは思えないかもしれません。

 

 

女性に近づこうと思って女性の服を着て自分なりにメイクをしてみたけど、
鏡に写った自分の姿「気持ち悪い女装男」にしか見えなくて、
余計落ち込んだこともあるかもしれません

 

私は男に生まれたのだから男性として死ぬまで生きていこう。

 

女性になりたい気持ちを抑えこんで、無理してガマンして男を演じて生きてきて・・・・

 

でも、我慢しきれなくなって爆発しそうになったこともあるでしょう。

 

男でこのまま一生過ごすくらいなら、いっそのことこ・・・。

 

と、早まった判断をしそうになったことや、鬱っぽくなったり、人前に出ることもできないくらい
落ち込んでどうしようもなくなってしまったこと。

 

そんなことも今まで何度もあったことでしょう。

 

 

もちろん私もありましたし、まだコミュ症だったころの影響を引きずっている部分もあります(苦笑)

 

根っからのダメ人間ですので、人ができて自分にできないこともかなりたくさんあります。

 

 

しかし、こんな私でも今では女性として普通に生活していますし、
バラさなければ、元男性だと気づかれることもありません。

 

普通に女子トイレ使っていますし、女子更衣室も普通に使ってます。

 

ビキニで海にいくこともあります。

 

チ○コついてるのにです(笑)

 

 

もう私は誰からも男扱いされることはありませんし、ニューハーフだと相手に知られても、
男性として見られることはないですし、「そんなの関係ない!」とナンパしてくる男性もいるほどです。

 

 

地元に戻った時でさえ、兄は私を妹として扱ってくれるし、家のお隣さんには「オレの妹です」と紹介し、
75歳を過ぎたおばあちゃんも「なおこちゃん♪」と普通に女の子扱いしてくれます。

 

これはおじさんもおばさんも、イトコも、イトコのお姉ちゃんも、母親も・・・親類家族すべてです。

 

 

普段生活する中で、私が男を演じる必要は1ミリもないし、24時間365日の生活の中で
性別欄に「男」とマルする機会も場面も一切ないくらい

 

ふっつーーーーに女性として生活してます。
(戸籍の性別まだ男なのに!です)

 

 

日常生活でも、職場でも、家族の前でも、冠婚葬祭でも、病院でも、旅行先でも
私は女性として何の問題もなく生活できるようになりました。

 

これは私が特別な例というワケでなく、私の身近には
同じように「男性として生まれた」けども、現在は女性として何の問題もなく生きている人
(ニューハーフと言ったほうがわかりやすいですね)

 

が、普通にいます。   特に珍しいことでもないのかも。

 

 

 

彼女たち生まれた時は男性として生まれたし、戸籍も男性でした。

 

特別女らしかったとか、半陰陽で両性具有だったとか、
そういう特別なことはなく、どこにでもいる普通の男の子でした。

 

 

そんな私達、「男で生まれてきた人間」が、
どうして今は女性として生活できているかっていうと、
インターネットが普及し、女性ホルモンがカンタンに手に入るようになったこと。

 

女体化の情報や方法ってのが小学生、中学生の頃から
誰でも知れるようになったことが大きな理由ですね。

 

私が女性ホルモンを開始したのは19歳でしたが、今後は12歳や15歳といった、
思春期前、思春期からのトランス(女体化)をする人が全国的に増えていき、

 

「高校は女子生徒として通学した」

 

とか

 

「18歳でSRS手術(性別適合手術)した」
というMTFの子が珍しいことじゃなくなると思います。

 

 

男は男らしく、女は女らしく

 

親からもらった身体を傷つけてはいけない

 

男が女になるなんて変態のやることだ

 

そんな世の中の風潮や、それにともなう差別は今後どんどん減っていき、
社会的にもトランスセクシャル・・・つまり性別を変えた人たちがより一般的になっていくことでしょう。

 

 

しかしながら、今の現状を見る限り、国の支援や保証があなたのトランスを応援してくれるとか、
女性ホルモンが保険適用になるってことは悔しいですがなさそうです。

 

国はあなたを助けてはくれないのです

 

なりたいならどうぞ自由にやってください。
ただし、トランスにかかる資金は自己負担。自己責任でやってね

 

という、厳しい親心のような対応は今後も続くでしょう。

 

 

性別を変えるとは、人生を変えることです

 

 

私も楽して、余裕ぶっこいてここまでこれたワケじゃないし、女性として生活できるまでに、
親の反対、親戚の反対にあったり、地元を離れて、誰に頼ることなく一人暮らししながら資金を用意していったり。

 

ちょっとした差別を受けたり、変態扱いされたりしながら試行錯誤してここまできました。

 

 

 

途中、道を間違えそうになったこともあったし、実際女性ホルモンを開始するまでに
1年近く手間取ってしまったこともあります。

 

お金使いすぎて借金背負ったこともありました。

 

多くの失敗を重ねてきたからこそ、やっと成功できた私ですので、
これだけはわかることがあります。

 

それは、

 

「全部一人で背負い込まないこと」

 

「自分の力だけで全部やろうとしないこと」

 

「人の力を借りること」

 

・・・ようするに、「自分だけで全部やろうとせず、人の力を借りろ」ってことですね。

 

自分でなんとかできる!!!と思ってても、実際やるのはかなりキツイですし、時間も労力もかかります。

 

また、間違ってても誰も教えてくれないし、その結果、トランスが大きく遅れてしまい、
ただでさえ短い女としての青春を、更に縮めて人生を台無しにしてしまう可能性もあります。

 

下手すると、本当に生命の危機に直面するかもしれないことだってあります。

 

とくに女性ホルモンを自己判断でやってる人は本当に注意してください。

 

 

ここでは、あなたが女体化をスームズに進めていくため、間違った方向へ進んでしまうのを防ぐため、
適当な知識で生命を縮めて、女性になる前に人生終わらせるようなことを避けるため、
最低限知っておいてほしいことをまとめました。

 

安全で確実、そして素早い女体化をすすめるためにも、かならず全部に目を通しておいてください

 

 

 

 

次の記事→ 「【1】トランス(女体化)とは?」

 

 

女体化初心者さん向け記事一覧

【1】トランス(女体化)とは?

トランスとは、その名の通り、自分の性別を変えて生きていくことです。MTF(男性に生まれたが女性で生きている人)にとっては女性で生きることがトランスですし、FTM(女性に生まれたが男性で生きている人)にとっては男性として生きることがトランスです。このサイトでは、MTFのトランス(女体化)を専門に扱って...

≫続きを読む

【2】女性ホルモンについて

※画像は「プロギノンデポー」という女性ホルモン注射です女性ホルモンとは、身体の中のレセプター(受容体)に「女らしくなりなさい」と命令する物質のことです。医学的に詳しく言うと、複雑になっちゃうので、そう思って頂ければ正解って思って大丈夫。生物学的な男性の場合、生まれつき精巣(キンタマのこと)があるの...

≫続きを読む

【3】これからトランスする人がやること

女性ホルモンを開始すると、もう後戻りはできません。不可逆性(ふかぎゃくせい)といって、もう男に戻ることはできないし、女性ホルモンをやり始めた後に、投与を辞めてしまうと、その反動として、頭髪が大量に抜けたり、体毛が増えたりします。これは女性ホルモンで抑えられていた男性ホルモンが、女性ホルモン投与を辞め...

≫続きを読む

【4】自分にお金使うなら何から始めればいい?

自分を変えようと思ったらお金は当然必要になっていきます。そういうのを「自己投資」というんですけど、これが一番優先することですね。  自分に投資です。テレビに出演してるニューハーフさんの中には、「自分に1000万円使った!!」って人もいるようですね。美にかける熱意、情熱半端ないっす・・・。ただ・・・モ...

≫続きを読む

【5】女性として社会生活を送るということ

「男から女になって生活がどう変化したのか?」というテーマで、同じくMTFでニューハーフの美依ちゃんと語ってみました。画面右側にある「」YouTubeマークをクリックすると、動画に頂いたコメントも見れます★コメントにもありますが、男を辞めて女性として人生スタートさせるからといって、女性を「演じる」必要...

≫続きを読む

【6】女性で生きていくための最短ルート

それは女性の身体にあなたの脳を移植すれば良いのです。・・・・って、そんな攻殻機動隊的な、シドニアの騎士的な…SFみたいなことはできませんよね(爆)ここでは、冗談抜きに真面目に女性として生きていく最短ルートを話していきます。GIDガイドラインに従わないこんなこと言うと、反対意見が多く寄せられるでしょう...

≫続きを読む

【7】女性で生活するために必要な考え方

女体化(トランス)を頑張っているMTFの中には、田舎出身で、親の同意もない(むしろ反対されてる)、友達もいなくて引きこもりで、本音を語れる友人もいなくて孤独。お金もないし、女性の服装をしようと思っても、恥ずかしくて家の中でさえ女装できない・・・・という、めちゃくちゃ逆境に立たされている人でも、2年ほ...

≫続きを読む

無料プレゼント一覧

以下のレポートはすべて無料でお渡ししています。全てを請求する必要はありません。1つでも請求すれば、すべてのダウンロードURLが記載されたメールがあなたの受信ボックスに届きます。1ヶ月でパス度50%UPアクションプラン私が男性から女性へと生活を変化させるまでにやったことをそのまま女体化の行動計画として...

≫続きを読む


ホーム 初心者コーナー プロフィール おすすめグッズ 男が女で生きるまで サイトマップ お問い合わせ